現代人の抱える悩みをトータルサポートする!『バイオチュアブル』

ガイアの光(ひと)

株式会社アルラ 代表取締役

岩月いわつき じゅんさん

昭和39年、愛知県生まれ。1992年に株式会社トータルヘルスデザインに入社し、2008年、同代表取締役に就任。2011年に独立、株式会社アルラを設立。人や環境にやさしく、豊かな社会生活を創造するために有益な情報を広く世に伝えることをモットーとし、主に健康食品・化粧品の開発、健康住宅づくりのコンサルティングを行う。アルラチベット医学センター顧問、一般社団法人国際和合医療学会常任理事、健康住宅研究会主催、内閣府認証NPO法人生活安全支援センター賛助会員なども務める。

【体内の筒】の菌バランス、まるごと整える!

編集部(以下、編):岩月さんが開発してくださった「“バイオフィルム”を落とすことのできる、ほかにない歯磨き剤」と歯科医も絶賛の『バイオペースト』、私も長年お世話になってきて、歯のトラブル知らずです。良いものを見つければそれを追加するなど、5回のバージョンアップを重ねて、現在の製品にまで進化させてこられた、真摯に製品と向き合う姿勢には、ただただ敬意しかありません。この岩月さんの妥協を許さず高みを目指す心意気が、数々の奇跡的な出会いを引き寄せて、このような特別な製品が生まれたのでしょうね。

その岩月さんが新たなアイテム『バイオチュアブル』を開発されたということなのですが、これも長年研究されてきた【歯周トラブルが、現代人の抱えるさまざまな不調につながる】という問題に関連する目的でつくられたのでしょうか。

岩月淳さん(以下、岩月さん):はい。口腔内の健康について突き詰めていくと、口の中のケアだけでは不十分だということがわかりました。 私が『バイオペースト』を開発したのは、チベット民族にどんどん歯周トラブルが増えていると知ったことがきっかけです。世界中の医師が伝統医療を学びに訪れる「チベット医学センター」では、歯周トラブル増加は、現代食への変化が原因だと考えていました。

ウェストン・プライス著「食生活と身体の退化―先住民の伝統食と近代食その身体への驚くべき影響」

最近、アメリカの歯科医師ウェストン・プライスの著書に出会ったことで、より理解が深まりました。飛行機もない時代に、世界中の先住民族14部族を訪ねてフィールドワークを重ねながら、現代食に変わった人たちの健康状態を追いかけた内容で、やはり食の変化が原因で、彼らの歯が格段に弱くなっている。そこで大きな原因として栄養不足が挙げられているのですが、もうひとつ現代食で歯に影響の及ぶ弊害が起きていると考えられます。

編:栄養不足以外の影響ですか?

岩月さん:現代食で、体内の菌バランスの乱れが引き起こされるのです。 ご存知のとおり、口から食道、胃、腸、肛門まで、体内では一本の筒がつながっています。入り口である口腔内、そして腸内、排出される便、それぞれの菌バランスを調べると、それらは酷似しているのですね。このことから「口の中の菌が整えば、腸も整うのか?」と考えた時期もありましたが、慢性的に口臭があるという人は、『バイオペースト』で磨いた時点で菌バランスが整っても、また元に戻ってしまうのです。

そこで、口と腸の役割を考えてみたのですが、口は「味を見る」、「体内に入れるかどうか判断する」、「咀嚼して唾液の酵素と混ぜて消化をしやすくする」場所です。そこから胃へ届いて分解されたものが腸に届き、発酵が起きて、生まれたエキスをからだが吸収する。口の中にも何千億という菌が棲んでいるのですが、腸というとその何百倍にもなります。ということはやはり「腸」こそが、からだ全体の発酵環境を整えていく場だと考えられます。口の中の菌バランスを決めている一つの大きな要素に「体液」があるのですが、その体液の状態を決めているのも、腸なのですね。

編:口の中だけ整えても、腸内が乱れていると、影響を受けてしまうということですね。

岩月さん:そうなんです。これまで歯学というのは歯のことだけを考える学問でしたが、歯周トラブルの原因菌を減らすには、口腔内だけでなく、からだ全体の菌バランスを整える必要があるとわかったのです。それを叶えるために、『バイオチュアブル』を開発しました。舌の上でゆっくり舐めていると、唾液の消化酵素とともに胃へ、腸へと届いて、その【一本の筒】の中で、悪玉菌が活動しにくく、善玉菌が活発になる環境を整えていきます。

その働きを担ってくれている要となる原料が2つあります。一つは「クリスパタス菌」といって、胎児が母親の産道を通るときに受け継がれる、乳幼児の腸内に多く棲息している乳酸菌の一種です。外敵に対する過剰反応を抑え、抵抗力を上げる力があるのですが、加齢とともに減少してしまいます。以前に歯科医から「歯周トラブルの原因を減らせる、すごいものが見つかった」と紹介されたものです。これをもう一つの要である「還元発酵乳酸菌」と一緒にとることで、まさに〈次元が変わる〉というレベルでシフトする相乗作用が確認されたのです。狙っていた【一本の筒】全体の菌バランスを整えるということが叶えられている現象として、おなかの調子が整うのはもちろん、口臭・体臭・便臭、いずれにおいても変化が確認されています。

編:酸味がクセになる味が美味しくて食べ過ぎ注意ですが、おなかは絶好調です! 近づくとちょっと体臭が気になる、という知人にも渡して試してもらったのですが、数週間ぶりに会ったときにはニオイがまったく気にならなくなっていました。今、口臭や体臭で悩む人が増えていますが、こうしたお悩みの助けにもなりますね!

「微生物の説得」による驚きの解決策

岩月さん:実はこの原材料の「還元発酵乳酸菌」の開発には、ある特殊能力を持った女性が関わられたのです。未来予測や遠隔透視のほか、ミクロの物質の中の分子構造や、水の周りの電子の動きの状態など、微細な世界を見ることができる方で、世界的に活躍されていました。もう6年前に、ウイルスなのか悪玉菌なのか、新しいタイプの微生物が大きなトラブルを起こす、という未来を確認されて、それならば地球のために、その対策になる何かを用意しよう、と思い立たれたそうです。

たとえばカルシウムひとつとっても、動物の骨、貝殻、鉱物などの由来や産地によって、中の構造やエネルギー状態が違うわけです。彼女は自分の能力で、健康食品の原材料として一番いい働きをする状態のものを見極めようと試みていたのですが、そのときに「これだ」と直覚されたのが、「微生物」でした。彼らは【意識を持った生命体】です。悪者扱いされているウイルスや細菌も同じ生命体ですから、その彼らと「話し合い」で平和解決する能力を持つ「微生物集団」を作られたのです。

編:すごい! 微生物同士の話し合いですか?

岩月さん:我々にはなかなか思いつきませんよね。殺菌というと、「悪者を一掃する」という考えになりがちなのですが、人間にとって不都合な悪さをするウイルスや菌というのは単に、全体が共鳴している周波数からずれて、不調和な周波数を出しているだけなのだそうです。そこで、調和したエネルギーを持つ微生物たちに、その周波数で彼らを癒してもらおうと考えた、その力を持つ乳酸菌を、彼女の能力で厳選していったわけです。そしてそれらの配合について黄金比を見つけ出し、6年以上の試験・実験を経て完成されたのが「還元発酵乳酸菌」です。

編:これまでにない方法ですね!

岩月さん:アメリカの意識研究の実験で、特殊能力者が集められたことがあったそうなのですが、それぞれがウイルスを消すように働きかけた中で、彼女だけが唯一、それに成功したということでした。ウイルスの声に耳を傾けていると、彼らが混乱して泣いているような印象を受けたために、彼らをなだめるように、よしよしと愛で包んだ。すると、実験室のウイルスがすべて消えてしまったというのですね。いかに愛の力が偉大かがわかる話です。

彼女はホピ族の長老とも付き合いがあったのですが、彼らも何年も前からこの状況を予見していて、「いずれつくられたウイルスが人類に問題を引き起こす。知識あるものたちがどんなものを開発しようとも、どんな対処法を提供しようとも、それらは効かないだろう。地球に答えを探しなさい、答えはあなたのなかにある」という長老の言葉がとても印象に残っていたそうです。

彼女は人類が引き起こした問題であっても、必ずその解決策は私たちの母なる地球が持っていると信じていて、「還元発酵乳酸菌」は、地球から、宇宙から授かったものだ、とよく話されていました。 選びぬかれた「還元発酵乳酸菌」の微生物集団が、口腔内の悪臭を出す菌や、私たちが体内に入れたくない微生物たちと素早く調和していて、今一番話題のウイルスがものの1分で変化したという実験結果も出ています。特に細菌に関してはたくさんのエビデンスがあり、早いものだと30秒以内に、そのエネルギーを変換しています。通常ならアルコールでも対処できないような微生物を変質させるだけでなく、取り入れていると、ズキズキしていた部分が気にならなくなるなど、からだを総合的に元気にしてくれるはたらきもあるようです。

編:調和の周波数は、予想以上の作用を起こしてくれるのですね。

私たち一人ひとりが「還元発酵乳酸菌」に。

編:お話を聞いていて、それら優秀な「還元発酵乳酸菌」の微生物が、私のネガティブな思考も説得してくれないかな〜と期待してしまいました(笑)。

岩月さん:実際、そのようなことも視野に入っているのです。私たちのからだに最も強く影響を与え続けているのは、私たちの思考・感情の周波数だということは、想像に難くないですね。体内に入ったウイルスや菌類も、私たちが調和のエネルギーに近い思考をしていれば癒やされ、変質・消失するし、また逆も然りだということが、表に出ないものも含めいくつもの実験で確認されていると彼女から聞いています。

私も最近、からだに起きる不調和というものはすべて思考の影響を受けて起きる、ということを学んでいたので、この話には深く納得しました。こう考えると、未曾有のウイルス騒動も、私たちの思考を良いものへ整えていくための大切な機会とも捉えられます。

「菌を整えること」「思考を整えること」「健康を保つこと」、この3つはイコールで結び付けられると思います。一人の人間の口腔内・腸内・便の菌バランスは似ていると先程も話しましたが、そのバランスがその人の体質ばかりか、性格まで決めているという研究があります。便移植という治療法が注目されたのは記憶に新しいところですが、たったそれだけのことで性格まで変わるということが実際に起きるわけです。

「還元発酵乳酸菌」の力を上手に頼り、さらには私たち一人ひとりが周囲にとって「還元発酵乳酸菌」の役割を担えるよう、意識していくことが大切だと感じています。

編:ウイルスや自分にとって不快な人を、私たちは「敵」のように認識してしまいがちですが、それに影響を受けず、むしろ調和のエネルギーで包んでしまうような自分自身になっていくことが、これからの時代を生きる上で大切なことなのですね。

その意味で、からだ全体から精神をトータルでケアできる『バイオチュアブル』は、大きく私たちを助けてくれる頼れるアイテムだとよくわかりました。

素晴らしい製品を世に出してくださってありがとうございます。この調和のエネルギーで私たち自身が満たされ、さらには社会全体を満たすことで、安心して外出できる時代がまた訪れることを祈ります。

(インタビュー:滝澤 朋子)

岩月 淳さん開発商品『バイオペースト』『バイオチュアブル』

『バイオペースト』は口腔内トラブルを引き起こす原因となる「バイオフィルム」を除去できる歯磨き剤。『バイオチュアブル』は体内に通る口から肛門までの一本の筒、全体の菌バランスを整え、体臭・口臭を抑え、健全な心身を養うチュアブルタイプの健康食品。いずれもウイルス対策のできるアイテムです。


バイオペースト

歯科医も驚いた圧倒的な洗浄力の“歯磨き”『バイオペースト』。
鉱物油由来成分は不使用。天然由来成分だけの優しさが特長です。


バイオチュアブル

『バイオチュアブル』は、大人気歯磨きペースト『バイオペースト』の姉妹品。
「口腔内の乱れがさまざまな現代人のトラブルに繋がっている」という有力な説から生まれた、体内をトータルでケアできる、手軽なチュアブルタイプの健康食品です。

タイトルとURLをコピーしました