ログイン 会員登録
会員ご優待

配送遅延のご案内

誠に申し訳ございませんが、天候不順により一部地域の商品のお届けに遅延が発生しております。予めご了承くださいませ。
※詳しくは、ヤマト運輸ホームページにてご確認くださいませ。 クリック >>


食品カテゴリ
総合カテゴリ

ショッピングお役立ち情報

お試し商品 合わせ買い商品 ギフトサービス

特設ページ

ホ・オポノポノ イヤシロチ ロゴストロン 小部屋 セミナーカレンダー

会社公式SNS

youtubeチャンネル
フェイスブック
インスタ
ツイッター

関連サイト

公式企業サイト なんでも仙人サイト 立花大敬しあわせ通信 テラの輝き公式サイト 美習慣ラボ よーこblog 無料情報誌購読申し込み 偽サイトにご注意を

営業日カレンダー

2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業日

※休業日は、自動配信メール以外の確認メール、お問合せに対する返信、商品の発送業務等はお休みさせていただきます。ネットでのご注文は24時間365日お受けしております。

ようこそ
 

トップ > > 食品 > 黄檗山萬福寺 薬禅まんぷく寺カレー

予約注文 
取り寄せ 

黄檗山萬福寺 薬禅まんぷく寺カレー

商品コード : MC001
希望小売本体価格 : 円(税込)
価格 : 1,620 円(税込)
ポイント :48
数量
 

かごに入れる
 定期便を申し込む始めるのも続けるのもうれしい特典付き♪
わくわく定期便の詳細はこちら

関連商品はこちら ※スクロールできます

商品情報|『黄檗山萬福寺 薬禅まんぷく寺カレー』のポイント解説!

カラダとココロ、社会を「健康」にするカレーが、京都禅寺のプロデュースで誕生しました♪命が振動する食材が集結し、濃厚な香りとコクがたっぷりの「薬膳オリエンタルヴィーガンカレー」です!

京都の禅寺が本気でつくった薬膳オリエンタルヴィーガンカレー

かつて日本が大飢饉に襲われたとき、苦しむ人々を救おうと立ち上がったお寺が京都の宇治市にあることをご存知でしょうか?「仏教は人を救うためにある」という信念のもと、資金を提供するのみならず、食べ物や薬を積極的に提供する「施粥(せしゅく)」や「施薬(せやく)」を行うなど、社会が大きく揺れ動く局面で福祉活動に奔走したお寺。それが日本三禅宗のひとつ黄檗(おうばく)宗の大本山萬福寺(だいほんざんまんぷくじ)です。

その萬福寺が、世界的な健康危機に直面している今、再び立ち上がろうという想いでつくられたのが『薬禅まんぷく寺カレー』。食べるだけで、健康増進と心身の調和に寄与することを目指した薬膳オリエンタルヴィーガンカレーです。
禅宗であるお寺がプロデュースするカレーは、身心を健やかに保ち、仏道修行を通して悟りを開くための食事であるため、肉や魚、卵・乳製品を使わず、五葷(ごくん)野菜(ネギ、ニラ、ニンニク、らっきょう、あさつき)も使用しません。
この精進料理をベースに薬膳の伝統もかけ合わさってできた『薬禅まんぷく寺カレー』は、薬膳料理研究家のヤマグチヒロさん監修のもと、健康作用の高い「和漢植物」や栄養満点の「完全無農薬野菜のパウダー」、香り高いスパイスなどを独自に配合。化学調味料不使用で、グルテンフリーであることも嬉しい逸品です。
いち早く試食をしたスタッフたちが、翌日に「また今日もあのカレーを食べたい!」と声をそろえて絶賛するほど濃厚なうま味と薬膳のスパイスが口いっぱいに広がる「記憶に残る」カレー。豊かな風味がクセになるだけでなく、からだに良く、地球にも優しい食材をふんだんに使った薬膳カレーを、ぜひご賞味ください。

『まんぷく寺カレー』3つの特長

植物のエネルギーが詰まった「黄檗」の実が軸に!

宗派の名前に由来する「黄檗」を使用。古来、おなかを整える作用で重宝されてきた和漢植物「黄檗」の実は、抵抗力をサポートし、香りの力で気の流れもキレイにしてくれます。

「ヤサイパウダー」「カカオバター」が心身の元気アップに!

栄養が凝縮された「ヤサイパウダー」
原料に含まれる「ヤサイパウダー」は、完熟まで育てた農薬不使用の野菜をエネルギーが高い状態で粉末にし、栄養も酵素の力も非常に強く濃いのが特長です。

滋養強壮作用の 「カカオバター」
紀元前から中米では「神様の食べ物」として重宝されたカカオに含まれるポリフェノールやテオブロミンは、疲れをとり、気持ちを落ち着かせるといったリラックス作用とストレス耐性のアップも期待できます。

ヴィーガン対応の薬膳食

肉や魚に加えて、動物性食品(卵・乳製品・はちみつなど)も口にしないヴィーガン対応食。食材からスパイスまでを「薬膳(※)」の智慧で組み立てられているため、食べた方の美と健康を大きくサポートしてくれます。
※中医学理論に基づいた食養生の方法

↑ ページのトップへ 

レシピ開発者・薬膳料理研究家ヤマグチヒロさんインタビュー

薬膳料理研究家として最も大切にしているのは「命の振動数」です。エネルギーの低いものを食べ続けると、人の命も振動しなくなっていきます。このカレーのレシピ開発の際にも、食材の振動や素材の周波数を調和させていくことに意識を向けていきました。
すると、レシピの核となる食材との運命的な出合いが次々と訪れ、和漢植物や野菜の力でうま味を引き出し、カカオによって濃厚な香りとコクを出すことに成功したのです!一般的にカレーに使用するスパイスはカラダの余分な熱を冷ますことが多いのですが、スパイスの配合を薬膳の観点から工夫したことで、余分なものをカラダから排出した後にカラダが温まり、エネルギー補給までも叶えてくれる『まんぷく寺カレー』を完成させることができました。

萬福寺さんの創建以来の歴史を学ぶところから始めた今回のカレーづくりは、食べてくださる方はもちろん、社会全体も健康になる食であることを目指しました。それは、どんなときも社会に積極的に関わり、ひたすらに人々の幸せのために貢献してこられた萬福寺さんの伝統に相応しいものをという想いからでした。今は大勢での食事が難しいため、ひとりでも美味しく召し上がって、豊かな気持ちになっていただけるようにとの願いも込めています。一皿の『まんぷく寺カレー』を通して、多くの方に健康と幸せをお届けできるとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

↑ ページのトップへ 

黄檗山萬福寺の歴史と想い

隠元禅師(いんげんぜんじ)。令和4(2022)年は禅師の350回目の年忌の年です。

総門をくぐると、中国・明朝時代の建築様式を伝える諸堂が境内に立ち並ぶ、日本でも珍しい中国式の禅宗寺院・萬福寺。その萬福寺を大本山とする黄檗宗は、臨済宗・曹洞宗とともに日本三禅宗のひとつです。
黄檗宗を1661年に開創した中国僧の隠元禅師は、インゲン豆、スイカ、レンコン、タケノコ(孟宗竹)などを日本にもたらし、中国風精進料理である普茶料理は中国文化を感じられるものとして有名です。食べ物だけでなく、煎茶や建築様式、彫刻、書道、医薬、絵、音楽、木版印刷など隠元禅師が紹介した多くの大陸伝来の技術や芸術は、ひとつの総合的な文化形態を形成し、後に黄檗文化と呼ばれるようになります。
このように日本の経済・社会の発展にも重要な影響をもたらした隠元禅師の徳行と禅風は、徳川幕府だけでなく、朝廷貴族からの尊敬も集めることに。隠元禅師の思想を継承した黄檗宗は、いつも「人が生きてゆく未来を明るく照らそう」と行動されてきた禅宗でもあります。江戸時代の飢饉のときには万人に届く施粥ということで「万人鍋」を提供。『まんぷく寺カレー』はまさに現代版の「万人鍋」といえるのかもしれません。
パッケージのイラストにある布袋さんは、弥勒菩薩の化身といわれ、本山では訪れる人をいつもやさしく出迎えてくださいます。『まんぷく寺カレー』を召し上がるとき、そんな萬福寺の歴史にも想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

↑ ページのトップへ 

スタッフの声をご紹介!

※体感には個人差がございます。

美味しい!栄養価の高さも嬉しい!
一言で表現するなら「コク」の深さと「うま味」の濃さに驚く美味しさです!豊かな風味が口いっぱいに広がります。特に干し椎茸と干し筍の食感が、柔らかいお肉を食べたときのような弾力で、満足感たっぷり!料理が苦手で外食メインの私にとって、普段の野菜不足もこれ1食で補ってあまりあるほどの高い栄養価も嬉しい!1日を元気にスタートしたいときの“朝カレー”もおすすめですよ。
スタッフ濱沖
これほどの本格薬膳食が自宅で食べられるなんて !
一口目に感じたのは、ビックリするほどの「まろやかさ」でした。とろけるまで煮込んだカレーのあの食感。ヴィーガンという言葉に抱いていたイメージから「あっさり」したお味かな?と思って食べてみたのですが、いいえ!その真逆でした。ふわっとした甘味を感じた後で、程よい辛さがやって来て、さらに薬膳ならではの深みのある味がクセになります。高い栄養とエネルギーが詰まった本格的な薬膳食が、自宅で食べられる!そんな点もとっても魅力です。
スタッフたぐち

 

↑ ページのトップへ 

商品詳細/仕様

原材料名
野菜(人参、たけのこ、しいたけ)(国産)、かぼちゃペースト、みそ、小豆、食用オリーブ油、コーンペースト、有機ココナッツシュガー、ねり胡麻、クミン、ごま油、トマトペースト、カカオバター、ごぼうパウダー、キハダの実、きな粉、赤だいこんパウダー、赤ピーマンパウダー、コリアンダー、食塩、ほうれん草パウダー、ウコン、クローブ、シナモン、赤唐辛子、(一部に大豆・ごまを含む)
殺菌方法
気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
内容量
180g(1人前)
保存方法
直射日光を避け常温で保存してください。
賞味期限
製造日より2年(未開封時)
栄養成分表示
1個(180g)当たり
エネルギー314kcal たんぱく質6.3g 脂質19.8g 炭水化物 27.7g 食塩相当量 2.3g
※この表示値は目安です。
召し上がり方
【熱湯であたためる場合】
袋(レトルトパウチ)を熱湯に入れ5〜7分間温めて、熱い間にお召し上がりください。

【電子レンジの場合】
袋(レトルトパウチ)の中身を深めのレンジ対応の耐熱容器に移し替えてラップをかけ、500Wの場合、約2分間温めてお召し上がりください。(加熱時間は、機種・ワット数により異なりますので、電子レンジの説明書などを参考に加減してください。)
備考
※お子さまや辛いのが苦手な方は、ココナッツミルクや豆乳などで割ってお召し上がりください。
・本商品の売上の一部を社会貢献活動に寄付します。
・災害時に備える食品ストックとしてもご活用いただけます。
広告文責
株式会社 Total health design:0774-72-5889

↑ ページのトップへ 

この商品についてのレビュー

レビュー件数:9

評価

2022/07/29

モモさん

凄く濃厚で手間暇かけて丁寧に作られているのに感動です。
コクがあり愛情もたっぷり摂取した気分。
マクロビオテイックではカレーを食べないのですが、この素材なら安心して食べられますね。
ただ…
お値段高いかな〜
特別な日に食べます。

評価

2022/06/01

お疲れうさぎさん

一夜明けて・・・薬膳で血の巡りがよくなったのか、身体が温かくなり、胃腸の調子が良い感じ。やはり、【キハダ】が良い効果をもたらしているのでしょう。

評価

2022/05/31

お疲れうさぎさん

先日プレゼントで送っていただき、今朝試食しています。いつも通り、愛用の土鍋で湯煎。胃腸に負担のない【優しい漢方的な刺激】が、香りと味でじわじわ伝わってきます。今までカレーとして味わったことのない【高貴な深い味】です。

評価

2022/05/12

とっぽさんのママさん

わたくしはどんなに良い商品でもあまり人に勧めたりはしない方なのですが(感じ方も違うし主観が入るので)、このカレーは
気がつくとこのカレーのコンセプトや魂や食材について熱く語って宣伝しちゃっている自分がおります!

評価

2022/05/12

トッポちゃんのママさん

わたくしはマクロビアンです
なのでこのカレーのコンセプトは本当に素晴らしい
食べながら気がつくと瞑想状態に入れます、、
大好きな野菜パウダーも入っているではありませんか!!
全てに感動し細胞が喜びます
一日一食なので、腹持ちも抜群です

評価

2022/04/07

モンチッチさん

季節の変わり目で体調悪い時に食事の支度ができず買い置きしてあった薬膳カレーを食べてみました。元気になりました

評価

2022/02/23

rpnさん

旨味もスパイシーさもあって美味しかったです。
具材の食感もしっかりありました。
おいしさからかエネルギー湧いてくるようでした。

評価

2022/02/19

みみさん

ヴィーガン対応食の薬膳カレーということで期待して食べてみました。
一口食べるとマイルドなお味です。しっかりスパイスが効いていますが嫌な辛さではありません。しつこい油もなくておいしく食べ進めていきますとだんだん辛さが広がってきます。私は辛いのは平気でおいしいと思いましたが結構スパイシーでした。美味しいけど子供や辛いのが苦手な人にはちょっと無理かもしれません。

評価

2021/11/28

ま〜ちゃんさん

届いたその日に、カレーを食べてみました。
肉がなくてもコクがあり、美味しくて、あっという間に食べ切りました。
レトルトカレーは、食べると大概胸やけするのですが、これは全く心配なく、胃の調子が良くなった気さえしました。また、食べてみたいです。

1件〜9件 (全 9件)



この商品についてのレビューを書く

ログインしてレビューを書いてみませんか!
購入後1カ月以内にその商品のレビューをご投稿くださった方に、ショップポイント200ptを進呈いたします!
レビュー投稿後、1週間以内にメールにてポイント進呈をお知らせさせていただきます。

※ログインには、【WEB会員登録】が必要です。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く