秘伝の詰まった和漢の力で心が喜びカラダが輝く薬用ミネラルイオンクリーム『摩訶ゴールドクリーム』

ガイアの光(ひと)

今回は、薬用ミネラルイオンクリーム『摩訶ゴールドクリーム』開発者の篠原 早門しのはら はやとさんと、東洋美容療術師 師範の篠原 朱門しのはら しゅもんさんにお話しを伺いました。

株式会社漢方堂本舗 代表取締役社長

篠原 早門しのはら はやとさん (右)

漢方堂本舗を設立し、東洋医学研究所として治療に専念しながら、中国政府からの特別招待を受けて訪中。その後、その研究から中国国家民委学術委員会の栄誉賞、中国チベット対外文化交流協会栄誉賞を授与されるとともに、北京中央民族大学文化交流研究所より民族文化・医学研究員に認定される。平成8年に『摩訶ゴールドクリーム』を開発、平成16年に特許を取得(第3513874号)。今日にいたるまで人々の健康に寄与する開発と活動に専心している。


株式会社漢方堂本舗 チーフディレクター、
東洋美容療術師 師範、ミスユニバースJAPAN2018評議員

篠原 朱門しのはら しゅもんさん (左)

アパレル業を経て、父である早門氏をサポートすべく漢方堂本舗に入社し、数年の経験を経て現職。東洋美容療術師師範として日本全国を行脚し、数多の悩みと体験談に寄り添い続ける。平成30年にはミス・ユニバースJAPAN評議員としての活動も行った。

不調がラクになる「心に塗る」癒しのクリーム!

編集部(以下、編):「美肌作用やカラダの不調を癒す力がスゴイ!」と、美容サロンや治療院などを中心に口コミで広がり続けてきた薬用ミネラルイオンクリーム『摩訶ゴールドクリーム』。社内で試し始めた直後から、肌が整ったりカラダのズキズキがなくなったりと驚きの変化を多くのスタッフが体験して、「早く取り扱ってほしい!!」と強い要望が上がりました。私も肌の調子がものすごく良くなって感動した一人として、本当に凄いクリームだと実感しています。

篠原早門さん(以下、篠原社長):嬉しいですね。『摩訶ゴールドクリーム』は、塗るだけでどんな不調もラクになることを目指してつくりました。発売から24年、美容サロンや鍼灸・整体の治療院、医療関係、介護関係で巨匠や先生と呼ばれる方々がお客様全体の7、8割で、美肌目的はもちろん、加齢・体質・悪玉菌・日焼けのしすぎなどによる肌トラブルのケアに幅広く活用くださっています。

他にもたとえば、「交通事故で不自由になった手に塗ったら、動くようになった」「腰のズキズキがラクになってその場で立ち上がった」などの施術体験をくださる鍼灸の先生や、カラダの可動域を広げる目的で使っている整体の先生もおられます。

カラダに対してだけでなく、胸の中心に塗ると不安定だった心が落ち着いてくることもわかっています。精神的な落ち込みを抱える方々に「心に塗る癒しのクリーム」として勧めておられるクリニックの先生からは、赤ちゃんが泣き止まなくて困っているときは胸に塗ってあげるといいと聞いていますよ。

篠原朱門さん(以下、朱門さん):父と一緒に仕事をするようになって、全国のお客様を回ると驚きと感謝のお声ばかり頂戴するので、改めてこのクリームの凄さを感じています。国際美容コンテストの出場者に美容指導をする先生から「顔に茶色のスポットができてしまい、レーザーも反応せず消せなくて困っていたのが、これを数日塗っただけでトーンアップした! プロの私でも理由がわからず不思議なんです!」と慌てた様子でご連絡いただいたこともあります。それ以来気に入ってくださり、使い続けてくださっています。

先生方はさまざまな報告をくださいますが共通して、『摩訶ゴールドクリーム』を塗ると「自然な状態」に戻ると仰います。不調になるのはそれまでに不自然なことを行ったからで、健康とは「自然そのもの」だということですね。著書を何冊も出されている鍼灸の先生の説明によると「針も灸も間違ったところに打つとその方の体調が余計に悪くなる。正しいところに打つと自然な状態に戻る。このクリームはそれと同じで、塗るだけで自分本来のエネルギーが活性化して自然な状態に戻ることができる」のだそうです。

篠原社長:自然な状態を取り戻せば健康になるのは自然の摂理なのでしょう。

実は『摩訶ゴールドクリーム』を開発したきっかけは、義父が突然倒れて、右側が動かなくなってしまったことでした。美容と健康業界で多忙な毎日を送っていた義父が、おかゆすら飲み込めないほど弱り切ってしまった。仕事を継いで、毎朝足をさすりに通いながら、また元気に歩く姿を見たい思いが募るわけです。ところが施設では「寝たきりで長くて7年」と悲観的なことしか言われない。そこで東洋医学や民間療法に何かあるだろうと研究に明け暮れました。三国志で「神医」と高名な華佗が調合したような、万能なものをつくりたいと思ったのです。

不思議な夢に導かれて、「イオン化ミネラル」技術を得る!

編:完成までには不思議な出来事の連続だったと伺っています。

篠原社長:そうですね。ある時、3日連続で同じ夢を見ました。京都の日室ヶ嶽に行く夢でして、目が覚めると決まって早朝6時。「そこに行け!」と言われているようで、3日目に目覚めてすぐにその山に向かいました。同じ夢を見続けたくらいで本当に行くか? と思われるかもしれませんが、突き動かされたとしか言いようがありません。埼玉の自宅から驚くほどスムーズにたどり着いて山に入っていくと、元伊勢神宮・天岩戸神社がありました。すると社務所から私が来ることを予見していたかのような表情で「お待ちしていました」と宮司さんが出てきてビックリしました。話をしてさらに驚いたのが、その宮司さんは浄水器で使う「イオン浸透膜」の元研究員で、熊本県水俣で発生した公害による不調に苦しむ方々を救ってきた経験をお持ちだったのです。美容業界の立役者として高名な妹さんがおられて、美容法にも精通しておられました。

そこで義父の話をしたところ、解決の糸口となるノウハウを惜しみなく授けてくださいました。その内容はこうです。「イオン化して超微粒子になったミネラルは、ザルの目をくぐり抜けるように肌から吸収されて、奥深くの微細なレベルに届いて活性化してくれる。それと同時にカラダにとって不要なものをどんどん出す。それは化学的なイオン交換と同じ働きで、組織同士の情報伝達もスムーズに行われる」と。教わった方法を試したところ、その場で義父の腕が少し動くようになったのです。そういう不思議な導きの積み重ねで完成したのが『摩訶ゴールドクリーム』です。義父も「あと7年」と言われた時点から24年間を過ごすことができました。晩年には歩いて通院するまでになっていましたから、楽しい余生を送れたと思います。

編:すごい話です…。

朱門さん:父はその宮司さんに出会った後も、国交正常化前の中国やチベットなど普通なら行けない場所へ行き、天皇陛下のドクターである御天医だった荘淑貴先生や中国漢方医学会の重鎮、チベットの高僧といった到底会うことも叶わないような方々と出会い、その方々が持っている叡智のエッセンスや門外不出で秘伝とされる薬の製造方法まで伝授されるなど信じがたい経験ばかりしています。帰宅しては、学んだノウハウを祖父のケアに還元していました。そんな連鎖反応で導かれていくような、突出した能力を父には感じます。

篠原社長:不思議な出会いと経験を凝縮させたのが『摩訶ゴールドクリーム』なので、私が作ったというよりも「つくらせていただいた」という感覚です。


たとえば肌から入るとコラーゲン生成の働きがあるとされるイオン化した金(ミネラル)は、還元力が非常に高く、アッという間に10円玉が輝きだすほどのサビ取り力が。このイオン化ミネラル技術で『摩訶ゴールドクリーム』はつくられています。

鑑真和上がんじんわじょうも使っていた「薬石」による癒しの働き!

編:原料といえば、聖徳石しょうとくせき、珍珠ちんじゅ、素粒子磁気液そりゅうしじきえきなど聞きなれないものばかりです。

朱門さん:そのすべてが命を元気にする原料です。聖徳石と珍珠は漢方で「薬石」に分類される食べられるもので、中国の高僧だった鑑真和上が使っていた薬石が正倉院に保管されているほど長い歴史があります。聖徳石は1億9960万年前のジュラ紀のシダ植物が堆積して悠久の時間をかけて発酵・石化した植物性ミネラルです。植物性のミネラルは体内で利用される効率が鉱物性の2.5〜10倍と質が高いといわれています。

編:ひゃー。頭髪の糖化が老け顔にまで影響を及ぼすんですか!?


立体曼荼羅として西暦775年頃に建てられたチベット最古の寺サムイェにて。門外不出で秘伝の「珍珠」の製造、貯蔵現場を見学し、薬石(高含有ミネラル)と高貴薬(130種類以上の混合薬草エキス)の伝統と薬効の講義を授かる。

篠原社長:「珍珠」はチベットで門外不出の秘伝で、高濃度のミネラルが含まれる薬石と高貴薬(130種以上の薬草エキス)が凝縮されたものです。その伝統と薬効、製造方法はチベットの高僧に学びました。

素粒子磁気液も、古くから療術に活用されていた特殊な水で、火山ガスを高濃度に抽出したもの。言い換えるなら「プラズマ化された水」です。この水自体が美容成分であり、ほかのすべての成分を活性化させて深部に届ける働きをします。さらにカラダの電磁場を調整して、命の輝きを増幅させる働きがあります。

生命活動が正常で、活発に機能していると、目に見えない波長を放射して、表面では電磁場を形成するのです。特殊な機械で観測すると、光の放射として確認できます。不調があれば光が欠けているので、内側のどこが不調なのかを特定することも可能なほど、不調と放射光の乱れには相関関係があります。面白いことに、『摩訶ゴールドクリーム』を同様の機械で撮影すると、生命活動が活発なときと同じくムラのない放射光が確認できる。このエネルギーが本来の自然な状態、元気の証なのでしょう。

 『摩訶ゴールドクリーム』は、療術に携わる先生方から「カラダが軽くなったように感じる」「体調がミクロのレベルから整う感覚がある」「肌呼吸がスムーズになる」と言われることもあるのですが、それはこの特殊な水の働きによるものかもしれません。 現代社会は環境汚染・人工電磁波・添加物など不自然なもので溢れていてストレス過多なので、不調に陥りやすいのです。原因が複雑に絡み合っていても元気を取り戻すために必要なことはシンプルで、不足したものを効率的に補って、自然な状態に戻るだけでいい。それを塗るだけで可能にしたクリームが『摩訶ゴールドクリーム』なのです。

自然な状態に戻るから、健康になる!

編:オススメの使い方を教えていただけますか?

朱門さん:最初はたっぷり使っていただくのがいいですね。不調は「必要なものが足りない」状態ですので、カラダが『摩訶ゴールドクリーム』を欲しがるようにどんどん吸収します。満たされれば肌に入らなくなるので使う量も減っていきます。少量ずつ続けるよりも、最初にたっぷり使った方が早く変化をご実感いただけます。

 東洋医学でいうツボに塗ると、そのツボが司っている器官で気の流れがスムーズになります。たとえば背骨に沿ってたっぷり塗っていただくと、全身を活性化するツボが集中していますのでカラダ全体に働きかけられます。ひとりで塗るなら「足裏のアーチ」に同じ働きがあるそうです。肩が重だるいときは、肩と一緒にわきの下に塗ると早くほぐれます。

 以前、理由のわからない高熱が続いたとき、著名な鍼灸師さんを訪ねました。「耳の後ろから頭の両サイドがストレスでガチガチに固くなっているからお宅の『摩訶ゴールドクリーム』を塗ってマッサージするといい」とアドバイスをもらい、試したところ、本当にその日のうちに熱が下がったことがあります。多忙で疲れが溜まったときはぜひお試しください。また心が沈んだときは胸の中心に塗るとよく、時計回りに塗ると奥まで届きやすいようです。「おへそ」の周りは、内部の器官を元気にするツボが集中しているので、毎日たくさん塗ると心とカラダ両方の安定が得られやすくなります。

編:顔に毎日塗る以外にも、活用の幅が広がりますね! 最後に「自然な状態」に戻るための秘訣をお伺いしたいです。

篠原社長:先ほどお話した、台湾ご出身のガン治療専門医で御天医だった荘淑貴先生に、直接教えていただいた極意が3つあります。1つめが慈愛と平安の心。2つめは生命力のある食事。3つめが心とカラダの姿勢を正すことで、武道や茶道の所作や心の姿勢と同じように、とらえ方ひとつで健康は決まるということです。自分で自分を酷使する生活で不調になったなら、素直に認めて「自分の使い方が悪かった、ごめんね」とカラダを労われるかどうかです。荘先生は私をひとめ見るなり「篠原さん、苦労してきたのね。でも苦労はシミひとつ、シワひとつ、白髪1本できたらあなたの負け。苦労に負けないで、栄養にしなさい」と励ましてくださいました。今でも肝に銘じています。

本来人間には、自分にとっていいものなのか、避けた方がいいのかを瞬時に判断できる「勘」を働かせる能力が備わっているものですが、現代人は教育でマニュアル化されて勘が鈍っているようです。自然な状態になれば、健やかでいつまでもわかわかしくいられる能力を開くこともできると思うのです。このクリームがそのような状態に戻る一助になれたらと願っています。  

編:ただ塗るだけで心身がラクになるのも大変嬉しい特長ですが、自分を内省して整える心構えがあれば、さらなる能力を開花させる可能性まで感じられますね! ワクワクするようなお話と開発秘話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

(インタビュー:高木みのり)

『摩訶ゴールドクリーム』はこちら

現代人に不足している生体エネルギーとミネラルを肌から補うことで、めぐりをスムーズにして情報伝達を活性化させる『摩訶ゴールドクリーム』。カラダのズキズキや肌トラブル、美容の悩みが驚くほど楽になると口コミで広がり、24年の実績がある超実力派の薬用漢方クリームです。

タイトルとURLをコピーしました