【『智精』開発者インタビュー】多種多様な不調をケアする “元気の力”

ガイアの光(ひと)

今回は、発売以来根強い人気を誇る『智精』の開発チームの1人、矢尾重雄やおしげおさんです。

株式会社漢方医科学研究所 取締役
上海中医薬大学附属日本校 校長

矢尾 重雄やお しげおさん

中国・上海中医薬大学医学部卒。上海市で医師として活躍後、神戸大学医学部大学院の病理学分野において博士号を取得。P&GFar East Co.Ltdのヘルスケア部門に入社し、諸外国の研究者たちと商品開発に携わる。その後、大塚製薬株式会社にて20年間医薬品研究に従事、副室長を務める。現在は上海中医薬大学附属日本校の校長と株式会社漢方医科学研究所取締役を歴任。西洋、東洋の豊富な医学知識と経験を活かし、和漢商品の研究・開発にも取り組んでいる。会員:日本皮膚科学会、日本病理学会、日本抗加齢医学会、日本再生医療学会、ISSCR(国際幹細胞学会)、日本臨床薬理学会、日本癌学会、日本製薬医学学会、日本鉱石研究会、中国病理学学会、中国中医薬学会など。

医学で「元に戻らない」といわれる不調に変化が⁉

編集部(以下、編):もともと認知トラブルのためにつくられた『智精』は、発売以来「もの忘れが減った!」「頭が冴える!」などの喜びのお声が続出しています。また、それ以外のお声も非常に多く、「髪が黒くなった」「お肌のうるおいが増えた」「圧迫によるひどい腰のズキズキがスムーズに動かせるようになった」など、美容系から深刻なお悩みまでさまざまな体験談が寄せられています。もはやスタッフの間では、「『智精』を飲めばカラダに何かしらの変化がある」という共通認識があるほどです。

漢方医科学研究所さんの方でも新しいお声は寄せられていますか?

矢尾重雄さん(以下、矢尾さん):新たな体験談でとくに衝撃的だったのは、大阪の梅田にあるクリニックの先生から「人工透析をしている患者さんの“腎”が元気を取り戻した」という報告をいただいたことです。医学の常識では、「腎」は一度傷んでしまったら二度と元に戻ることはありません。それが人工透析を要するレベルの腎の数値に変化があったというのですから、クリニックの医師も慌てて連絡をくださったほどです。

ちなみに、「頭」の認知系機能も元には戻らない箇所とされています。しかし、「ひどい認知トラブルだった方がコミュニケーションが取れるようになった」「ほぼ車椅子でしか移動できなかった人が自転車に乗れるようになった」などの体験談もこれまでに数多く報告されていますので、『智精』の働きは常識を超えているといってもよいでしょうね。

編:どうしてそれほど作用するのでしょうか?

矢尾さん:『智精』の原料である「Ekc-1イーケーシーワン」エキスが、「HGFエイチジーエフ(肝細胞増殖因子)」を体内で多く産生しているからだと考えられます。「HGF」はiPS細胞やES細胞と並ぶ再生医療の3本柱の1つで、医療や美容の現場において非常に期待を寄せられている因子です。

人は本来、器官、組織、毛髪、肌など全身のどこかに不調をきたすと、自らを癒そうと、再生、修復、新生などを行う“元気の力”を持っています。「HGF」はその力の源であり、不調の部位に増殖して作用するのですが、最近の研究では頭にも作用することがわかっています。

ただ、「HGF」は20歳代をピークに減っていき、50歳代にもなると40%ほどしか産生されなくなります。それに相関して“元気の力”も衰え、同じ怪我をしても若い頃とは元に戻る力が全く違ったり、不調が長引いたりするというわけです。

しかし、元来の「HGF」が減ってしまっても、「Ekc-1」エキスで人為的に増やしてあげることで、再び“元気の力”が戻ってくるのです。

何百とある生薬の配合パターンを気の遠くなるほど組み替え直し、7~8年かけて生まれた唯一無二の処方

カラダを「若化じゃっか」させるエキス

編:そういえばお客様のお声の中で、「終了したと思っていたブルーデーが再開した!」という体験談がありました。同じ女性として「そんなことがあり得るの⁉」と衝撃だったのですが、それも「HGF」によるものなのでしょうか。

矢尾さん:そのような方は何人もいますよ。ブルーデーが終了するのは、加齢によって必要な成分を分泌する能力が衰えたからですが、「HGF」によってその能力が戻ってきたため再開したのでしょう。このように、わかわかしい状態へ戻していく現象を、我々は「若化じゃっか」と呼んでいます。

今は早期にブルーデーが終了し、赤ちゃんができないことに悩む方も多くいます。「Ekc-1」エキスはそうした方々の希望にもなれるのではないかと思っています。

それに、ブルーデーに必要な分泌物はお肌にも影響しているので、分泌される量が増えれば白くツヤツヤしたお肌も戻ってきますよ。

編:若化という言葉は初耳ですが、お肌のエイジングだとイメージしやすいです。同じことが全身で起こっているのですね!

矢尾さん:不調は個人個人で異なって出てくるものですが、ベースに共通するのは「老化」です。であれば、若化させてあげることで不調の種類を問わずに作用するということです。

例えば、頭が若化すれば思考力や想像力のアップなど、シンプルに今現在よりも“頭が良くなる”といったことが起きます。これは、頭の伝達力に不可欠な因子「BDNF(神経栄養因子)」が増えることで伝達力の機能が向上するからです。

また最近の研究では、この因子の減少と“精神的な落ち込み”は深く関係していることがわかっています。因子は運動すると増えるのですが、「Ekc-1」エキスは経口だけで増やすので、「飲んでいたら前向きになった」という方が多いのでしょう。

実験では、正常なネズミに「Ekc-1」エキスを摂取させると因子が劇的に増え学習能力が向上しました。一方、認知トラブルのネズミに摂取させると、原因物質となる変性したタンパク質がほとんどなくなりました。つまり、「Ekc-1」エキスで若化すれば、必要なものは増やし不要なものは減らす能力までも高まる傾向が見られたということです。

これから重要さが増す和漢の概念とは?

編:すごいです!「Ekc-1」エキスが主原料の『智精』だからこそ、多岐にわたる体験談が寄せられるわけが理解できました。今話題のウイルス対策としてはいかがですか?

矢尾さん:そうですね。実際に『智精』を飲んでいたアメリカのドクターからは、「ウイルスの問題で隔離されたものの、周りの隔離者は深刻な状態に陥る方が多かったが自分は大丈夫だった」という報告をもらっています。この結果は、「Ekc-1」エキスが和漢由来の処方でつくられているからこそだと考えています。

というのも、和漢にはカラダの抵抗力の調整作用があるからです。抵抗力は侵入物を攻撃したり抗体をつくる役割を持つため、「その力は高い方ければ高い方がいい」と思う方も多いですが、実は抵抗力が高すぎると自分のカラダまで攻撃してしまい、それによって不調を引き起こすことがあります。とはいえ、低くても感染のリスクが高まります。大切なのは「抵抗力が低ければ上げ、高ければ下げる」というように〝元気の力〞で本来の調整能力を取り戻すことですが、それができるのが和漢なのです。

和漢の本質は、対処法ではなく、「自然の力で本来の元気を取り戻し、健康なカラダをつくっていこう」とすることです。ウイルスの脅威にしても、重い不調に至る方がいる一方で、感染しても不調が出ないあるいは軽くすむ方がいますよね。その両者の違いこそが〝元気の力〞です。今後さらなる未知のウイルスが出てきて従来の対処法では追いつかなくなる可能性もあるとすれば、より和漢の考え方は重要になってくるのではないでしょうか。

「Ekc-1」エキスには、和漢の叡智ともいえる4つの機能が詰まっています。

なお、中国では現在、ウイルスによる社会的健康被害においてさまざまな方法でテストしているそうですが、和漢で対処しているケースでは亡くなられる方の比率が圧倒的に低いというデータも報告されています。

編:そうした和漢の叡智が『智精』の粒に凝縮されていると思うとますます凄いです。

矢尾さん:“元気の力”を高めることができるのは今のところ和漢と再生医療だけです。ただ、再生医療は大がかりな治療を要するため、一回に600万円〜1,000万円ほどの莫大な費用がかかります。ところが『智精』は健康食品のレベルで同じような作用が起こっているので、開発側としても非常に驚いています。

編:『智精』をたくさん常備しておきたくなりました(笑)。それに、周りで何を飲めばいいかわからないという人がいたら『智精』を勧めたいと思いました。

矢尾さん:一般的に健康食品は「どこか弱った部位が出て初めてその部位をターゲットに飲む」というイメージが強いですが、一部が弱るというのは老化によって全身が弱っているのです。『智精』は「とりあえず飲んでおいたら気づかないうちに良くなっていて、さらに見た目までわかわかしくなった」というように、不調の人にも全くの健康体の人にも使っていただける健康食品です。

むしろ健康体のうちから使うことで、わかわかしさを保ちながら将来の不調の予防にもなるでしょう。とくに認知トラブルは20年かけて進行することや、65歳以上の6人に1人が悩まされていることなどが分かっています。つまり、今は無自覚でもすでに進行が始まっている方が潜在的にそれくらいいる、ということです。『智精』は早期ケアとしてもとても優秀だと思います。

『智精』は現在、さまざまな重い不調で困っている方にお役立ていただきという思いに賛同してくださったクリニックや医療機関で使っていただいています。先の取り組みとしては、「Ekc-1」エキスの液状性質を活かして化粧水やパックなど、美容アイテムの開発も目指しています。また動物にも良く、動物病院の患者猫に「Ekc-1」エキスを希釈して与えたところ、自ら血がつくれないという極めて思い状態だったにもかかわらず、1週間で正常値になったという事例もあります。老衰のペットが元気になったという事例も多いため、ペット用のアイテム化も考えています。

多くの方にお喜びいただけることは開発に携わった者としてこれ以上の喜びはありません。ご家族やお友達で困っている方がいらっしゃれば、ぜひ教えてあげてください。

編:今すぐケアしたい人、わかわかしくいたい人、将来の不安をケアしたい人、どんな目的でも『智精』一つで大丈夫と思うと、とても安心感がありますね! 本日は貴重なお話をありがとうございました!

(文責:重清京子)

『智精』はこちら

「多種多様な不調をこれ一つでケアしてくれる!」と発売以来たくさんの喜びのお声が寄せらる和漢健康食品『智精』。『智精』の原料となる「Ekc-1エキス」が再生医療でも使われる「HGF(肝細胞増殖因子)」を体内で強力に産生。本来の“元気の力”を高めてくれるため、認知トラブルのような深刻な不調のケアにも使智精 われています。

タイトルとURLをコピーしました